すやお、苦手なコツコツをがんばる。

コツコツ、楽しんだもん勝ち。

楽しく続けるをモットーに雑記ブログ、始めました。

たった15分の仮眠で、疲れと眠気が一気にとれる!

こんにちは。すやおです。

ブログ日にち空いてしまった><

 

ここ最近、

昼間ねっむくてねむくて!

特に家でクーラーで快適ぃ~なんてときは眠気全開!

 

ちょっと横になるだけだから…と横になった瞬間にはもうアウト。夢の世界です。

 

でも目が覚めたらしっかり寝たはずなのに

体だるい…しんどい;

というときありませんか?

 

あのお昼寝で体だる~~となるのは、昼寝で寝過ぎなのが問題だったようです。

じゃあ、体がだるくならず体も休まる睡眠時間っていったい?

 

パワーナップという仮眠方法がおすすめ!

f:id:sysysuyao:20170730191920p:plain

こちらの仮眠法はDaiGoさんの本で知りました。

 

パワーナップは、ベッドや布団などに横になる昼寝と違い、目を閉じ、じっとして休息することで疲れと眠気を取り去る脳の回復法。15~20分のパワーナップは、夜の3時間の睡眠に匹敵し、回復した集中力や注意力は150分持続します。

引用:自分を操る超集中力 メンタリストDaiGo

 

気になるその時間、なんと15~20分!

これなら忙しいときや仕事の休憩中でも疲れをとることができます。

たとえ寝れなくても効果はあるようなので、目をつむってじっとしておくのがポイントなんでしょうね。

 

というか、15分やそこらでそんなに回復するならやらない損じゃん!とこのブログ書く前にパワーナップを実践!

 

パワーナップを行う際は部屋の明かりを消した状態で横になり、目を閉じ、ゆっくり呼吸する状態が最適とされています。

とか書かれていたので、自分の部屋で静かな状態で部屋をまっくらにすやすや…

 

効果は?

まっったく、だるくない!!

むしろ、いつもの2時間くらい寝る昼寝よりも起きた後スッキリしました。

すぐに寝れるタイプではないので「15分間ずっと起きてる気がする…」と始めは思いましたが、呼吸に意識をしていたらいつの間にか寝ていました!(寝なくても効果はあるよ)

 

ひとつデメリットがあるとしたら、もうちょっと寝ていたい…というところでアラームで起こされた感じです。睡魔に負けそうになりました(笑)

パワーナップのはずが、20分以上経過した場合は、深い眠りから無理に起きるよりも、レム睡眠のサイクルである90分の仮眠を取り、起きた方がすっきりします。

ねむすぎて起きるのが苦痛!というというときは、90分寝ちゃえ!という感じですね。仕事休憩で机で寝るときはそんなに時間がないので、15~20分ってちょうどいいのではないでしょうか?

 

パワーナップまとめ

せっかくのお昼寝のはずが、体がだるおも…を経験したことがある人にはすごくおすすめです!!

なんてったって、短時間で疲れがとれてすっきりする。これに限ります!

働いている合間にも、お出かけ前にちょっと休憩でも、集中力が切れたときでも、ぜひ実践してみてください。

あのしっかり寝たはずなのにだる~~~とはおさらばしましょう!

 

 私も積極的にパワーナップ実践してみます^^

 

おわり。